【新作映画レビュー】フォードVSフェラーリ

雑記
スポンサーリンク

久しぶりに映画館にいってみたら大当たりでした!

極力ネタバレを避けつつ紹介していきます。

フォードVSフェラーリ

2020年1月10日公開の映画です。

内容としたら全て実話のカーレース映画です。

タイトルだけ見たときはB級映画かなと思いましたいい意味で裏切られました。

あらすじ

舞台は1960年代のアメリカ。

大衆車の大量生産により事業を拡大していたフォードは、若者向けのセクシーな車を作ることで更なる躍進を狙っていました。

そこでフォードが目を付けたのはフェラーリでした。

当時フェラーリはルマン24時間耐久レースで4連覇を果たしていた世界最強のレースチームでした。

フォードはフェラーリを買収しようと交渉します。

交渉は順調にいき、成立するかに見えました。

しかし、交渉の最終段階で、フォードが「会社の意向によってはレースに参加できないかも」的なことを口走ったためフェラーリが激怒。

フェラーリはフォードの社長に向けこんな言葉を放ちます。

「フォードは糞みたいな工場で、糞みたいな車を一生作っとけ、この2世デブ社長が(# ゚Д゚)」

この言葉を受けフォードの社長も激怒。

「フェラーリをルマン24時間耐久レースの場で負かしたる!」

こうしてフォードvsフェラーリの物語が幕を開けます。

ここがオモシロい!

映画を見て私が感じたオモシロポイントは下記のとおりです。

  • 全て実写で撮影したレースシーンが迫力満点でオモシロい!
  • 社内外の場外戦がオモシロい!

全て実写で撮影したレースシーンが迫力満点でオモシロい !

まずなんといってもレースシーンが見どころです!

これは絶対映画館でみた方がいいです。

スクリーンいっぱいに映し出されるドライバー目線の映像と映画館特有の迫力の音響で表現されたスポーツカーのエンジン音とが相まって、まるで主人公の助手席に座っているかのような感覚になりました。

雨の中、暗い道を時速300㎞近くで疾走するシーンはマジで怖かったです。

「フェラーリVSフォード」ほど映画館で見て良かったと思える映画は私には思い付きません!

私はあまり車に興味がない所謂”最近の若者”の典型みたいな男ですが、久しぶりに少年時代のような無邪気な興奮を覚えました。

TSUTAYAでレンタルなんかせず、是非劇場でみてほしいです!

社内外の場外戦がオモシロい!

次にストーリーに欠かせない人間関係もオモシロいです。

タイトルこそ「フォードVSフェラーリ」ですが、実際のところ「フォードVSフォード」なんじゃないかってくらい、社内でも争ってます。

具体的にはフォードの経営幹部はルマン24時間耐久レースをマーケティング戦略の一部としてしか捉えていないため、スポーツマンシップに反するような命令を平気でしてきます。

対して メカニック兼レーサーである主人公とその相棒は、純粋にコンマ1秒でも速く走りたいという職人タイプの男なので、当然経営陣とは激突します。

私としてはやっぱりレーサー側に感情移入して、経営陣にイライラしますが、こういうのって社会でもよくある事だよなという諦観の思いもありました。

だからこそ、激突しながらも勝利に貪欲であり続ける主人公たちがとてもカッコよくみえました。

車の専門用語なども結構出てきますが、あまり分からなくてもストーリーの理解には影響しなように思いました。

実際、私も車は門外漢なので専門用語は雰囲気程度しか分からなかったですが、十分楽しめました。

話もシンプルなので娯楽作品として純粋に楽しめると思います。

おわりに

フォードvsフェラーリは十分オモシロいです。特に男子が好きなタイプの映画だと思います。

敢えて欲を言えば、レーサー視点のシーンが多かったので、もう少しメカニック視点の話もあると良いと思いました。

1960年代という時代に24時間、時速200㎞を超えて走り続ける車を作るのってそれだけで相当大変だったと思うのですが、その部分についてはあまり触れづじまいだった印象でした。

とはいえ、大衆映画でマニアックな話に走りすぎても観客が置いてきぼりになるので、敢えてレーサー視点に絞ったのかもしれません。

それはそれで英断な気もします。

映画素人の私が世界的な映画監督に向かって”英断”なんて言葉を使うのもおかしいですが、とにかく純粋にオモシロい映画でした。

是非劇場でみてみてください!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました