WordPressでドメイン変更したらログインと記事の閲覧ができなくなった時の対処法

雑記
スポンサーリンク

どうもruruです。

昨年末、当ブログをGoogleAdSenseに申請しようと思ったら「独自ドメインじゃないと駄目」だと言われ、エックスサーバーの無料キャンペーンで貰ったドメインに変更しようと思い作業してました。

いろいろググりまくってなんとかドメイン変更もし、当ブログのデータ移行もし、リダイレクト設定もしやっと終わったっと思ったら・・・

「なんか白い画面が出てきてログインできねぇ・・・」

「旧ドメイン時に書いた記事もみれねぇ・・・エラーメッセジーのDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの意味も分からねぇ 」

という状況になりました。

そこから三日間悪戦苦闘してやっと普通にブログ運営できるようになりました。

今回はその方法を紹介します。

解決方法

注意事項

最初に注意事項ですが、この方法で解決した場合、以下のようにWordPressの設定画面からアドレスの変更が今後できなくなります。

そのため、今後もアドレス変更したい場合はこの方法は非推奨です。

アドレス部分が灰色になって編集不能になる

上記のようになっても構わない方は読み進めてください。

FTPツールで” wp-config.php “をダウンロードする

まず、データ移行の際にFTPツールを使用されたかと思います。

それを使って、 wp-config.php をダウンロードしてください。

ちなみに私はFTPツールとしてFileZillaを使用しました。

wp-config.php をダウンロード

テキストエディタで wp-config.php を編集

次に先ほどダウンロードした wp-config.php をテキストエディタを使って編集します。

このとき、Windowsのメモ帳などは使用しないでください。失敗する可能性があります。

私はテキストエディタとしてVisual Studio Codeを使用しました。

このテキストエディタは無料でダウンロードできます。

wp-config.php を開いたら下記のように追記してください。

define( ‘WP_HOME’, ‘https://○○.com’ );

define(‘WP_SITEURL’,’https://○○.com’);

○○にはあなたのブログの新しいアドレスを記入してください。

参考までに当ブログの編集後の wp-config.phpを載せておきます。

当ブログの wp-config.php

編集した wp-config.php をFTPツールでアップロード

先ほど編集したwp-config.php をFTPツールによりアップロードし、上書きします。

wp-config.php を アップロード

以上で全ての作業が完了です。

それでは楽しいブログライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました