ハンディ掃除機はこれ買っとけって話

雑記
スポンサーリンク

あそこにちょっと髪の毛が落ちてる・・・

拾うのは地味に大変だし、掃除機わざわざ出すのもなぁー

ruru
ruru

そんな時はハンディ掃除機だ!

ハンディ掃除機とは?

片手で持てる小さい掃除機の事です。

ちなみに我が家のハンディ掃除機はこちら。

ちなみにサイズは成人男性用のスリッパと比較するとこんな感じ。

ちなみにこの子の名は「ブラックアンドデッカー リチウム乾湿両用ダストバスター グリーン WD7201G」っていいます。

あ、スリッパの方じゃないよ、掃除機のほうね。

「ブラックアンドデッカー リチウム乾湿両用ダストバスター グリーン WD7201G」がおすすめ

実際使ってみて「ブラックアンドデッカー リチウム乾湿両用ダストバスター グリーン WD7201G」がおすすめですね。

おすすめというか、これで充分って感じです。

主要なスペックを載せておきます。

ちなみに価格は5,000円程度です。

充電時間 約10時間
作業時間 8分
集塵容量 約325ml
本体質量 約0.53kg
ruru
ruru

値段やスペックの詳細はAmazon等で確認してね

メリット・デメリット

あれ?10時間充電して8分しか使えないって不便な気がするけど・・・

たしかに私も購入前はその点を気にしてました。

しかし、私の場合、朝から夕方までは仕事で家に居ないので、使うのは仕事帰りか、出勤前の場合がほとんどです。

私と同じ境遇の方なら充電10時間は全く気になりません

作業時間の8分についてですが、ちょっと気になった髪の毛やホコリをササっと吸う程度しか使わないので、8分でも長いくらいです。

ハンディ掃除機はあくまで、サブ。

家中を気合入れて掃除したいなら普通の掃除機を買ってください。

集積容量については、毎日ちょこちょこ使っていると、1ヵ月くらいでゴミが詰まってくるレベルです。

ゴミが詰まると、妻の髪型の変化に一度も気づいた事がない私でも気づくくらい吸引力が落ちるので、中身を捨てる必要があります。

ちなみにボタン1つで捨てれるので、あまり手間ではないです。

重さは500㎖のペットボトル程度なので、女性やお子さんでも楽勝で扱えます。

デメリットとしては吸引音が普通の掃除機並みにデカいので、マンション住まいとかだと、夜中に掃除するのは躊躇するくらいです。

ただし、これは「ブラックアンドデッカー リチウム乾湿両用ダストバスター グリーン WD7201G」に限らず、掃除機の宿命だと思っているので致し方なし…

ということでまとめ。

メリットまとめ

  • 通勤・通学中の充電で10時間充電は気にならない
  • ササっと目についたゴミを吸うだけなので作業時間は8分で充分
  • 毎日使えば、月1回程度のゴミ捨てが必要(スイッチ1つでOK)
  • 500㎖のペットボトル程度の重さで軽い
  • サイズはスリッパ程度で場所を取らない

デメリットまとめ

  • うるせぇ・・・(掃除機の宿命)

ハンディ掃除機があれば気軽に掃除するようになるので、週末の掃除もラクになります。

巷にはダイソンなどのハイエンドモデルもありますが、個人的には5,000円程度の物で充分って感じです。

ハンディ掃除機で迷っているならこれ買っとけばOKです。

ruru
ruru

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました