【やや勝ち】株初心者の運用成績報告(2020年5月)

スポンサーリンク

個人投資家のみなさん!ゴールデンウィーク明けのお仕事お疲れさまでした。

世間はコロナショックで原油価格がマイナスになったり、日経平均は乱高下したりで大変。

そんな中だけど株のブログを書いている身としては一応実績を公開しときます。

株歴5ヶ月の資産運用結果

結論からいうと約5万円の含み益が発生しています(2020年5月8日現在)

ruru
ruru

やったぜ(油断大敵)

私の銘柄選び手順

そんな私がどうやって銘柄選びをしたかを書いていきます。

端的に書くと下記の手順です。

  1. 四季報をチェックして良さげな銘柄を抽出
  2. 抽出した銘柄の財務三表をチェック
  3. 株価の上昇ストーリーを妄想
  4. チャートをみて安そうな時(勘)に買う

詳しく解説します。

実は、以前テンバガーになる銘柄の特徴を記事にしました。

【 テンバガーって? 】

株価が元の値段の10倍以上に膨れ上がる銘柄のことです。つまりお宝って事。

記事の中身は、会社四季報を読んで次の銘柄を探せって内容です。

  • 4年で売上高が2倍以上
  • 売上高営業利益率が10%以上
  • 筆頭株主=社長
  • 上場5年以内

そして私は2000ページ以上に及ぶ四季報をチェックして上記全て該当する銘柄を抽出した!

10倍株の特徴全てが当てはまる銘柄を最新の会社四季報よりいくつか発見したので情報共有

  • ネオジャパン(3921)
  • ラクス(3923)
  • ダブルスタンダード (3925)
  • シンクロフード (3963)
  • ユーザーローカル (3984)
  • 鎌倉新書 (6184)
  • GameWith (6552)
  • ウェルビー (6556)

2020年3月23日投稿

さらに財務三表のチェックと株価の上昇ストーリーを考慮した結果、以下の銘柄を購入しました。

保有銘柄 事業内容
ネオジャパン テレワーク支援
シンクロ・フード 飲食業向けメディアプラットフォーム
鎌倉新書 終活支援
GAMEWITH ゲーム攻略サイト運営
パナソニック 言わずと知れた家電メーカー

パナソニック以外はテンバガーの特徴を押さえている銘柄ですね。

さて、どんな株価上昇ストーリーを私が妄想したか書いていきます(黒歴史)

【 ネオジャパン 】

  • テレワーク支援ツールで国内シェアNO.1を誇る企業。
  • 当時、ネオジャパンはテレワーク支援ソフト(desknetneo)の期間限定無償提供を開始していた。
  • これにより、コロナ禍でテレワークの必要性が迫る企業への宣伝効果&新規顧客獲得につながると予想して投資。

【 シンクロ・フード 】

  • 食品業界は軒並み厳しく、株価が下落気味。
  • しかし、コロナ終息後は一気に反発すると予想。
  • シンクロ・フードは経営状態が安定しているので当面、倒産の心配は無いとみて投資。

【 鎌倉新書 】

  • コロナによる死者数の増加で、終活に対する意識が高まると予想。
  • そこで終活支援大手の鎌倉新書の存在感が増すとみて投資

【 GAMEWITH 】

  • 「あつまれどうぶつの森」や「仁王2」など、人気タイトルが立て続けに発売。
  • 加えて、外出自粛ムードの高まり。
  • 結果、家でゲームする人が増え、攻略サイトへのアクセスも増えると予想し投資。

【 パナソニック 】

  • チャートの形状的に底値っぽかった(購入時830円)。
  • まあ、いつかは元の株価(1000円台)に戻るだろうと予想して投資。

あとは上記の銘柄をチャートを確認しつつ、そろそろ底値かな(直感)で買いました。

以上です。詳しい投資スタイル等の話は以前記事にしたのでそちらを参考にどうぞ。

今後の展望

今のところ、安定して3~5万円の含み益をキープしてます。

私のざっくり予想も株価をみると大ハズレってわけでもなさそう。

ということで、このまま長期保有して、配当もゲットしつつ、更なる含み益を目指す予定(強欲)

とはいえ、実は以前大失敗してるのでトータルでは負けているんですよね。。。

まぁ今後に期待です。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました