株で損したら確定申告するメリット2選【節税】

スポンサーリンク

株を始めてみたものの、今年は失敗してもうた(´・ω・`)

そんな時は・・・

くよくよするより確定申告しましょう!

確定申告するメリットは下記のとおりです。

  1. 他の金融商品と損益通算できる
  2. 3年間の繰り越し控除ができる
ruru
ruru

損失が出た時に確定申告すれば節税になるぜ

では詳しく解説します。

と、その前に

あなたの口座タイプはどれ?

おさらいすると証券口座には次の3タイプがあります。

1.源泉徴収有りの特定口座

2.源泉徴収なしの特定口座

3.一般口座

源泉徴収有りの特定口座

結論からいうと、この口座の方は確定申告の必要なしです

なぜなら、この口座は株の利益から自動的に税金(約20%)を控除するからです。

ruru
ruru

つまり、得た利益は既に税金が天引きされた額ということだね

源泉徴収有りの特定口座のメリットは

確定申告の手間が省ける事

対してデメリットは

本来課税対象外の20万円以下の利益でも課税される事

です。

【補足】

株の利益が所得に加算されると困る場合は、デメリットがメリットに変化します。

例えば、配偶者控除を受けている主婦や、扶養家族の方が該当します。

確定申告の必要がないため、株の利益が所得に含まれません。

よって、株のせいで配偶者控除から外れるといった事態を防げます。

源泉徴収なしの特定口座

この口座の方は確定申告の必要があります。

ruru
ruru

ただし、 年収2000万円未満 かつ 株の年間総利益が20万円以下の場合は確定申告の必要はない。

つまり、年20万円以下の少額取引をする場合は節税効果があります。

一般口座

年間に行った全てのトレードの利益と損失を自分で計算する必要がある口座です。

もちろん確定申告の必要があります。

一般口座はめんどくさいので、あまりオススメしません。

損がでたら確定申告するメリット

やっと本題に入ります。

忘れたと思うので、もう1回メリットを確認します。

  1. 他の金融商品と損益通算できる
  2. 3年間の繰り越し控除ができる
ruru
ruru

それじゃ、順番に解説してくぜ☆

他の金融商品と損益通算できる

他の金融商品とは配当金や株式投資信託などを指します。

これらで得た所得(利益)と、株の損失を確定申告により、合算することができます。

例をあげると下記のような感じです。

【損益通算の例】

配当で100万円儲けた

でも株で150万円負けた。

この場合、

確定申告を忘れると・・・

配当100万円の約20%(20万円 )が税金として取られます。

しかし、

確定申告をすれば・・・

損益通算により

100万円ー150万円=-50万円

となり、課税の対象外となります。

以上が損が出た時に確定申告するメリットその1です。

3年間の繰り越し控除ができる

損失を確定申告することで、翌年以降の3年間は利益から損失を差し引くことが出来ます。

仮に2019年に200万円の損失を出しても、

確定申告をしておくことで、

2020年に300万円の利益を出しても、課税されるのは100万円だけとなります。

イメージは下の図です。

もちろん、差し引いた額が20万円以下になれば税金は0となります。

ruru
ruru

ただし、20万円ルールは年収2000万円未満に限る。

ruruは余裕でクリアだな(´;ω;`)

損失が繰り越せるのは3年間というルールに注意しよう

以上が、 損が出た時に確定申告するメリットその2です。

おわりに

株を始めると、利益のことばかり考えがちです。

しかし、損した場合の対応をしっかり考える事で、リスクを最小限に止める事ができます。

この事を忘れないように!

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました