【ruruの本棚】コンビニ人間

ビジネス書紹介
スポンサーリンク

この記事ではコンビニ人間を読んでみた感想を書いていきます。

読書感想文が書けなくて悩んでる方は参考にしてみてはいかが?

あらすじ

まずは感想の前にあらすじをどうぞ。

36歳未婚。彼氏いない歴=年齢。彼女の名前は恵子。

恵子は子どもの頃から普通の人とは違う感性の持ち主だった。

子ども時代に、公園で死んでいるスズメを見つけ、

「焼き鳥にして食べよう!」

と提案したら、親に怒られたのは今でも理不尽だと思う。

スズメに花を供えようといって、植物をブチブチ引っこ抜くのは何故許されるのか分からない。

しかし、どうやら普通と違うのはいけないことらしい。

普通の人になろうと思って、大学時代にコンビニで働きだしてから早18年。

夢の中でもレジを打ち、ご飯はもちろんコンビニ飯。

そんな恵子の日常に、ある日、 婚活目的で働きに来たという男性がやってくる。

彼の名は白羽。

白羽は恵子に対し、コンビニでいつまでも働くのは恥ずかしいと言うが・・・

感想

本書を軽く紹介

「コンビニ人間」は、司会が二人だった時代の「アメトーーク!」で紹介されたことがあるので、あなたもタイトルだけは聞いたことがあるかもしれませんね。

因みにこの本は第155回芥川賞受賞作でもあります。

ところで芥川賞などというと、かたっ苦しくて、難解な文章を想像しがちですよね。

しかし、この本は驚くほど読みやすいです。村上春樹的な意味不明な比喩も出てきません。

さて、唐突な春樹ディスはこれくらいにして、そろそろ感想を述べます。

感想

あらすじにも書いたとおり、白羽が恵子に対し、コンビニでしか働いた事がなかったり、彼氏ができた事ないのをバカにします。

しかし、実は白羽も彼女は出来た事ないし、正社員になったことも無いので恵子と境遇的には同じだったのです。

境遇は同じでも、決定的に違うことがあります。

それは生き様です。

恵子は自分の境遇を憎むことも無く、むしろコンビニで働く事に幸せすら感じています。

一方で白羽は自分が社会から排斥されていると思い、いつもイライラしています。

この両者の違いはどこからくるのか考えてみました。

まずは白羽に焦点を当ててみます。

物語の中で、彼が他人や社会に対し、文句をいう描写がたびたび登場します。

そこで、私は彼の文句をよくよく聞いてみることにしました。

すると、あることに気づきました。

彼の文句はどこかで誰かが言っていたようなものばかりで、オリジナリティが欠如していたのです。

このことから私は、白羽という男は、フラストレーションすら借り物の空っぽ人間だと感じました。

そんな彼の生き様は、文句ばかりで自分はなにも行動に移さなかった怠け者と言えそうです。

次に恵子に焦点をあててみます。

恵子の感性は生まれつき他人とはずれており、彼女自身も成長するつれそれを感じるようになります。

傍からみれば、彼女はある種のサイコパスにみえるかもしれません。

しかし、恵子は普通の人になろうという努力を積んでいきます。

その努力のおかげで、恵子は普通を演じれるようになります。

恵子自身はその体験を「初めて人間として誕生した瞬間」と位置づけていました。

しかし、年齢を重ねるにつれ、普通の基準は徐々に変化していきます。

そのため、彼女の演じる「普通の人」はもう普通じゃなくなりかけていました。

それでも彼女はコンビニの業務を円滑に回すため、普通を演じつづけます。

彼女の生き様は、「自分」と「普通」との溝を埋めようと努力するものといえそうです。

そのように、環境が同じでも内面の違いから両者がみる世界は大きく違っていたのではと思います。

この本を読み、誰かと自分を比べっこして、一喜一憂することのバカらしさを感じ取りました。

恵子のように自分の内面に焦点をあて、改善しようと努力する事が幸せに繋がるのではと思いました。

ruru
ruru

今回はこのくらいで失礼します。気になった方は是非読んでみてね。ページ数も1日で読み切れる量です。ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました