NISAのデメリット(図説つき)

スポンサーリンク

最近、投資も始めたruruです。

私は投資するにあたってNISA口座を開設しています。

NISA口座のメリットは何と言っても株で得た利益に対して課税されないことですよね。

しかし、メリットばかりが紹介されていてデメリットについてあまり知らない人もいるかと思います。

折角、NISAを利用するならメリットもデメリットも把握しておきたいもの・・・

今回はそんな方向けにNISAのデメリットを紹介していきます。

NISAで損をするメカニズム

NISAは利益に対して非課税なので損などないような気がしますが実はそうではありません。

NISA口座の特徴である、以下の2つの制約が損失を引き起こす原因となります。

  • 他の普通の証券口座(課税口座)と利益合算できない
  • 非課税期間はその株を購入してから最長5年間のみ

他の証券口座と利益合算できない

NISA口座は1人1つまでしか開設することができません。

また、NISA口座では年間120万円までしか株の取引ができないというルールがあるため、この120万円の枠を超えて投資を行いたい場合は通常の課税口座を別に開設する必要がでてきます。

私個人の感想として120万円という枠は、デイトレードなどしていると意外とすぐ使い切るので、NISAと合わせて課税口座の開設はマストかと思います。(詳しくは別記事をごらんください)

ここでNISAの「他の証券口座と利益合算できない」という制約が悪さをしてきます。

例えば課税口座を2つ解説していた場合、片方の課税口座で100万円の利益が出て、もう片方の口座で100万円の損失が出たとします。

そうすると当然、自分の儲けは0円なので、課税の対象とはなりません。

しかし、NISA口座の場合は他の口座と利益合算できないという制約があるため、仮にNISA口座で100万円の損失を出し、課税口座で100万円の利益を出した場合、この課税口座で出した利益100万円が課税の対象となります。

利益に対して約20%の課税がなされるため、この場合、株での損失は0でも、税金のせいで約20万円の損失がでるということになります。

文字ばかりだと分かりにくいので、以下に図として整理してみました。

以上が「他の証券口座と利益合算できない」という制約が生むデメリットです。

非課税期間はその株を購入してから最長5年間のみ

それでは次に「非課税期間はその株を購入してから最長5年間のみ」という制約がなぜデメリットとなるかを見ていきましょう。

NISAで株を購入すると、その株は5年以内に売却しなければ非課税の対象となりません。

そのため、NISA口座で株を購入後、その株を5年保有していた場合、以下の3つの選択肢の内、いずれかを選択する必要があります。

  1. 翌年の非課税投資枠に移す(いわゆるロールオバーする)
  2. 課税口座に移す
  3. 株を売却する

しかし、NISAの制度は2023年で終了予定のため、2020年現在では、1のロールオーバーするという、実質非課税期間を延長する手段は使えません。

ruru
ruru

ちなみに2023年にNISA口座で株を購入した場合、2027年までその株は非課税の対象となるよ。しかしこの場合も、もちろんロールオーバーはできない!

つまり、現状は実質2か3の選択肢になりますが、2の「課税口座に移す」を選択したときに損する場合があります。

具体的には課税口座への移管時に、株価がNISA口座で購入していたときよりも下がっていた場合、損する可能性があります。

例えばNISA口座で100万円で、とある株を購入したとします。

その株が保有してから5年経過したため、課税口座へ移すこととしました。

そのときの株価は80万円でした。

このとき、株取引の制度上、課税口座で80万円で株を購入したものとみなされてしまいます。

なので、仮に株価が100万円まで回復したタイミングでその株を売ってしまうと、20万円分の利益が出たものとして扱われ、この20万円に対して、課税されてしまいます。

つまり、架空の利益に対して課税されてしまうため、税金が丸々損失となります。

これも文字ばかりだと分かりにくいので図にしてみました。

以上が「非課税期間はその株を購入してから最長5年間のみ」という制約が生むデメリットです。

おわりに

いかがだったでしょうか?

NISAは上手く活用すれば税金の免除という甘い汁を吸えますが、運用を間違えると逆に損をしてしまうことがお分かりいただけたかと思います。

私も投資初心者のため、NISAが終了する2023年までにどこまで上手くこの制度を活用できるかわかりませんが、今後もしっかりと勉強しながら資産運用していきたいものです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました