【初心者専用】図でわかるnoteの使い方

雑記
スポンサーリンク
note初心者
note初心者

noteに登録してみたけど、箇条書きの仕方とか微妙に分からない部分があるな。

今日はこんな疑問に答えていきます。

noteの基本的な使い方

まず、noteには以下の機能があります。

  • テキスト
  • 画像
  • つぶやき
  • 音声
  • 動画

本記事では、「 テキスト 」についてのみ解説していきます。

それでは、下記について順番に解説していきます。

  • アイキャッチ画像の設定方法
  • 画像の挿入方法
  • ファイル(エクセル等)の挿入方法
  • Twitterの埋め込み方法
  • 行間の調整方法
  • 箇条書きの方法
  • リンク付けの方法

アイキャッチ画像の設定方法

アイキャッチ画像とは、記事タイトル上に表示される画像のことです。

まず画面左上の丸いボタンをクリックします。

すると、

  • みんなのフォトギャラリーから画像を挿入
  • 画像をアップロード

という選択肢がでてきます。

「 みんなのフォトギャラリーから画像を挿入 」は他のnoteユーザーが投稿した写真をアイキャッチ画像に設定できる機能です。

欲しい画像のイメージも検索できるので便利ですよ。

画像を挿入すると、クレジットも自動表示されるので著作権的にな心配も不要です。

「 画像をアップロード 」は自分が持っている画像をアイキャッチとして利用できる機能です。

ruru
ruru

私は基本的に「みんなのフォトギャラリー」派です。

どうしても欲しい写真がなかった時だけ、「画像をアップロード」でフリー画像を使ってるよ。

なおnoteの公式HPによると、2020年6月より推奨画像サイズが下記になります。

  • 1280 × 670px(最低)
  • 1600 × 838px(推奨)
  • 1920 ×1006px(推奨)

推奨画像サイズと異なる場合は自動でトリミングされます。

note初心者
note初心者

どうやって、その画像サイズに調整するの?

Bulk Resize Photos 」というサイトがおすすめです。

無料で画像を好きなサイズに調整できます。

サイズを小さくすれば容量も軽くなり一石二鳥ですね。

↓↓↓ 実際の画面 ↓↓↓

画像の挿入方法

次に記事の中に画像を挿入する方法です。

以下の3ステップでできるので楽勝ですね。

  1. 画面の「+」 ボタンをクリック
  2. 「 画像 」ボタンをクリック
  3. 任意のフォルダから画像を選んで挿入

ちなみに画像の容量を軽くしたい場合は、「 TinyPNG 」というサイトがおススメです。

画像をドラッグ&ドロップすると自動で圧縮してくれます。

圧縮が終わったら「Download all 」をクリックして圧縮画像をゲットできます。

↓↓↓ 実際の画面 ↓↓↓

ファイル(エクセル等)の挿入方法

記事中にワードやエクセルを挿入できます。

挿入したファイルは読者がダウンロードできます。

こんな感じ。

やり方は画像と同様です。

  1. 画面の「+」 ボタンをクリック
  2. 「 ファイル 」ボタンをクリック
  3. 任意のフォルダからファイルを選んで挿入
ruru
ruru

20MBくらいのファイルはアップロードできなかったので容量は軽くしよう。

Twitterの埋め込み方法

記事中にTwitterを埋め込むこともできます。

こんな感じ。

これも簡単3ステップです。

  • 画面の「+」 ボタンをクリック
  • < >ボタンをクリック
  • URLをコピペしてEnter
ruru
ruru

同じ方法でtwitterに限らずYouTubeなども挿入できるよ。

行間の調整方法

noteには、普通の行間と狭い行間の2パターンしかないです。

こんな感じ。

これは以下の改行操作でできます。

  • 普通の行間 → Enter
  • 狭い行間  → Shift を押しながら Enter

箇条書きの方法

「 狭い改行 」と「 引用 」を使うことで見栄えのいい箇条書きができます。

こんな感じ。

手順は次の3ステップ。

  • Shift を押しながら Enterで改行
  • 箇条書きにする部分を全て選択
  • 「引用」をクリック
ruru
ruru

PCのプレビュー画面だと、箇条書きの背景が薄いけど、スマホではきちんと映るので大丈夫だよ。

リンク付けの方法

文字をクリックするとリンク先に飛ぶように設定したい時に使います。

こちらは4ステップでOKです。

GIF画像も載せておきますので楽勝ですね。

  • 普通に文字を入力
  • リンクさせたい文字を選択
  • リンクボタンをクリック
  • リンク先のURLをコピペしてEnter

ということで今日はここまで。

快適なnoteライフを

おわりっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました