スマホゲームを辞めて半年たって感じたこと

雑記
スポンサーリンク

半年前に脱スマホゲームをしたruruです。

今回は、

スマホゲームを辞めたいけど、何となく勿体ない気もする

という方向けに、実際に4年間遊んだスマホゲームを辞めたみて感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

スマホゲームを辞めたメリット・デメリット

【メリット】

時間が増えた

【デメリット】

特に無し

以上です。

この記事の構想段階では箇条書きでもっといっぱいメリット・デメリットが書けるかと思ってましたが、意外とこんなもんでした。

ruru
ruru

しかし、このメリットが滅茶苦茶デカかった

半年前の私はクラクラサモンズボードジョジョピタAuto Chessをメインで遊んでました。

特にサモンズボードは無課金でしたが、最難関レベルのダンジョンをクリアする程度にはやり込んでいました。

また、私はスマホゲームを徹底して無課金でプレイしていました。

なので、時間の無駄と分かりつつもそこまで損してる気持ちは当時の私は正直ありませんでした。

しかし、無課金ゆえにダンジョン攻略が長丁場になったり、レアリティの低いキャラでも攻略できないかネットで調べたりと想像以上に時間を浪費していることに気づきました。

忘れがちですが時間は二度と戻ってきません。

浪費したお金は宝くじでも当たれば戻ってくる可能性もありますが、時間はどうにもなりません。

因みに私が過去、スマホゲームに充てた時間をざっと計算してみました。

概ね、平日は1時間程度、休日は2時間程度で4年くらい遊んでいたので、年間休日日数120日、年間平日日数245日とすると・・・

1時間/日×245日/年×4年+2 時間/日×120日/年×4年=1940時間 =80日

ざっくり1日24時間で80日はゲーム漬けだったことが分かりました。

攻略動画や攻略記事を見ていた時間も入れれば100日くらいいきそうな雰囲気です。

労働基準法っぽく1日8時間とすれば約243日です。

私の時給が手取りで1300円くらいなので金額に換算すれば、

1300円/時間×1940時間=2,522,000円

250万円(あかん・・・)

娯楽は必要といっても、累計250万円分の時間をスマホゲームに割くのは控えめに言ってバカです…

私は映画も好きですが1940時間もあれば約100本は鑑賞できます。

同じ娯楽ならそっちの方が有意義な気がします。

スマホゲームをやめるかどうか悩んでいるあなたも一旦冷静に時間と金額を算出してみましょう。

そして、その時間や金額がスマホゲームという娯楽に見合うか比較してみましょう。

あかん・・・

となるのでは?

つまり、スマホゲームを辞め、浮いた時間を読書や映画・音楽鑑賞、スポーツ、勉強etc…に充てるだけでかなり有意義な時間を過ごせます。

今、そのスマホゲームが楽しくて楽しくて仕方無い方は、スマホゲームがストレス発散に役立っているのでそのまま続ければ良いと思います。

しかし、この記事を読むような方は、おそらく惰性でプレイしているのではないでしょうか?

なので、繰り返しになりますが他の事をして有意義に時間を過ごしましょう!

実際に私も、スマホゲームを辞め、浮いた時間で読書をしたり、資格試験の勉強をしたりしました。

結果、昨年は4つの資格取得に成功し、仕事の給料も月1万円アップしました!

また、趣味のチェスの棋力も練習時間が増えたことで自己新記録を更新中です。

そういうこともあり、振り返ってみるとスマホゲームを辞めてからのほうが断然充実しています。

だから、デメリットは特に無しとしています。

スマホゲームを辞めるにはアンインストールすべし

とは、いってもついつい遊んでしまう魔力がスマホゲームにはあります。

なので、辞めるには・・・

アンインストール

これしかないです。

アンインストールは勿体ない気がする方は、バックアップをとっていつでも復旧できる状態にしてから消してみましょう。

実際に私もサモンズボードは名残惜しかったのでバックアップをとってから消しました。

しかし、結局その日以来一度もプレイしていません。

ワンタッチで起動するという環境さえなければ、意外とあっさり辞めれるものです。

一見強引ですが、確実な方法なのでおススメです。

おわりに

なんだか、スマホゲームが悪みたいな記事になりましたが、お金や時間に対する価値観は人それぞれです。

なので、スマホゲームの対価として支払っているあなたの時間やお金が、スマホゲームから得られる楽しさと見合っているとあなたが感じるのなら今後も楽しめばいいと思います。

私もゲーム自体は好きなので、switchやPS4、ボードゲームなどでよく遊びます。

ただし、それらで得られるゲーム体験と、それに対するお金・時間というコストは無駄じゃないと個人的に判断しているから遊ぶのです。

つまり、惰性では遊ばないということです。

時間は有限なので、つまらなかったらスパッと辞める姿勢が大事だと思います。

世の中に娯楽は溢れているのですから、折角遊ぶなら楽しいものをしなきゃ損というマインドです。

以上、飽き性な私の言い訳でした!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました